交通事故・骨盤矯正・スポーツ外傷・腰痛・肩こり

すとれんぐす接骨院

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

※携帯・スマートフォンを

ご使用の方へ

ホームページの一番下にある

【サイトマップ】クリックすると

当院の情報がより詳しく

掲載されていますので

ご利用ください!

交通事故専用ページはコチラ

交通事故に関するご相談・お悩みは

【すとれんぐす接骨院】へ

友だち追加

0224-51-9883

タップすると電話がつながります!

〜交通事故施術〜

―あなたとあなたの

大切な家族のために―

すとれんぐす接骨院


交通事故後のサポートは

当院にお任せください!


【交通事故】


 交通事故は、適切な治療・保証を受ける権利が患者様には存在します。

しかし、自賠責保険の加入義務があるにも関わらずご理解されていないドライバーの方や患者様が多くいるのが現状です。

交通事故においては、

すとれんぐす接骨院

●身体的苦痛【身体の痛み・痺れ等】

●精神的苦痛【気分が優れない・眠れない等】

●社会的苦痛【仕事の能力低下・休業等】

が発生する場合があります。

当院では、その苦痛を取り除けるよう専門的な知識・最適な施術を用いて早期回復に導けるよう常に努力しております。

膝半月板損傷(ひざはんげつばんそんしょう)

膝半月板損傷…膝に強い衝撃が加わったり、膝を強く捻ったりしてしまうと半月板が損傷します。

スポーツでの膝の痛みでお困りの方は、柴田郡、大河原町、柴田町の堺にあるあるすとれんぐす接骨院へお越しください。
院長の長谷川は、中学、高校と野球を経験し、空手、野球、陸上と経験豊富です。
また、リゾートアンドスポーツ専門学校では、アスレティックトレーナー科に属し、勉強していました。NSCA認定のパーソナルトレーナーの資格やインストラクターの資格複数所有し、予防に対する運動も指導できます。膝関節は、ジャンプ動作、走る動作で重要な役割を果たす関節になりますので、治す事が大切です。
町外、仙南地区から、角田市、岩沼、名取、白石市からご来院のお客様、患者様も多くいらっしゃいます。
膝内側側靭帯損傷と同等なくらいに全てのスポーツで起こりえるスボーツ障害です。

 

膝の半月板は2つあり、内側半月板と外側半月板があります。
半月板は膝のクッションの役割をしてくれます。
膝関節を安定させたり膝の衝撃を和らげたりする衝撃材の役割も担っています。

 

半月板損傷怪我はンこの本来の半月板の役割である衝撃を和らげないような強い衝撃が加わったり、度重なる半月板へのストレスで半月板が摩耗したりして起こります。

 

多くの場合は『半月板損傷』と言われますが、基本的には内側半月板損傷か外側半月板損傷のいずれかになります。

内側半月板損傷であれば、同時に内側側副靭帯損傷や前十字靭帯損傷の怪我が起こりやすいといわれております。
外側半月板損傷であれば、同時にが外側側副靭帯損傷が起こりやすいといわれております。

 

Q.全治までの期間は?全治まで何ヶ月かかる?

 

A.膝半月板損傷の怪我の全治は、その半月板の損傷具合によって異なります。特に、半月板損傷の場合は手術するか否かで全治までかかる期間が変わります。

 

手術をする場合は手術の内容にもよりますが、一般的には軽作業まで1ヶ月、重労働まで3ヶ月といわれています。
スポーツへの復帰の場合は、部分的な復帰は3ヶ月・完全復帰は6ヶ月くらいが半月板損傷の全治の目安と言えます。

 

手術をしない保存療法の場合は、1〜2ヶ月で復帰可能な場合もあります。これも、単独損傷か合併損傷があるか、損傷の程度かによって異なりますのであくまでも全治の目安です。

 

また、リハビリ中に悪化して復帰までの期間が長引くというのも良くある話なので早く治りたいと焦ってしまうものですが、半月板損傷の怪我は治療期間は長めに考えていた方が再発のリスクをっ最小限に留めることが出来ます。
当院においても、患者様のために最善を尽くしてまたスポーツができるようにサポートして参ります。

 

 

 

 

仙南で接骨院をお探しの方は【すとれんぐす接骨院】へ

仙南で接骨院をお探しの方は、

【すとれんぐす接骨院】へお越し下さい。


施術の料金につきましては、骨盤矯正や

筋バランス調整といった自費対応の他、

急性・亜急性の外傷(怪我)による

保険施術が可能です。

また、スポーツ時における骨折・脱臼の

応急処置ができます。


医療機関の診療時間に間に合わない場合は、

【すとれんぐす接骨院】へお電話下さい。

20時まで受け付けております。

施術は手技を中心に、電気や温熱・冷却・固定術を

実施しておりますので、

骨格矯正をご希望の方もご相談下さい。